ぐんま母乳育児をひろめる会について

母乳で育てたいという多くのお母さんの希望に応えられる環境つくりを、
医療保健従事者や保育・教育関係者と当事者が一緒になって進めたい。

1985年、群馬大学小児科学教室 松村龍雄元教授(故)の呼びかけで「母乳育児をひろめる会」が発足しました。「母乳育児をひろめる会」は母乳育児の大切さをひろめ、いろいろな相談に答えることで母乳育児をサポートしてきました。「母乳育児をひろめる会」の母乳育児電話相談は1985年4月より2009年3月までの24年間毎週土曜日に行われてきました。

この流れを受け継ぎ、今後、医師、歯科医師、助産師、看護師、保健師、薬剤師、栄養士、保育士など、子どもとお母さんに関わる全ての職種、母親達のピアサポートなども含め、研究・交流を通して協力しあい、母乳育児しやすい環境つくりをめざします。

「ぐんま母乳育児をひろめる会」規約

Last modified: 2013年8月22日 11:04